オルフェオ物語(読み)おるふぇおものがたり(英語表記)Favola di Orfeo

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルフェオ物語
おるふぇおものがたり
Favola di Orfeo

イタリアの詩人A・ポリツィアーノの詩劇。1480年6月マントバで、枢機卿(すうきけい)フランチェスコ・ゴンザーガの求めによってつくられた。それは枢機卿の宮廷で催される祝宴に供されるはずのものであり、「2日間で、絶えざる喧噪(けんそう)のなかで」書かれた。『オルフェオ物語』は聖劇の上演形式と対話体の牧歌の形式とを総合したもので、主題は、オウィディウスの『転身譜』と、ウェルギリウスの『農耕詩』の第4巻から引き出されたオルフェオとエウリディチェをめぐる悲劇的な神話である。ポリツィアーノは民衆の恋愛詩の形式を洗練した仕方で利用し、それを古典的な叙情詩の形式と融和させた。この作品によってイタリアの演劇は、宗教劇から脱皮して世俗劇の誕生を迎えることになる。またこの作品にメロドラマの誕生をみる批評家もいる。古典語の詩にしか積極的な価値を認めなかったポリツィアーノは、イタリア語で書いたこの作品を高く評価しなかったが、今日ではそれはイタリア文学史上重要な作品とみなされている。[佐藤三夫]
『Ida Maer Ange Politien. La Formation d'un Pote Humaniste1469―1480)(1966, Genve)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

オルフェオものがたり【オルフェオ物語】

《原題、〈イタリア〉Fabula di Orfeo》イタリアの詩人・人文主義者、ポリツィアーノの詩劇。1480年、マントバの枢機卿フランチェスコ=ゴンザーガの求めにより書かれた作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android