コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルレアン王朝派 オルレアンおうちょうはOrléanistes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルレアン王朝派
オルレアンおうちょうは
Orléanistes

1830年1月オルレアン公ルイ・フィリップ・ジョゼフの子ルイ・フィリップをフランス王に推戴するために L.ティエール,L.モレ,J.タレーランの扇動で結成された党派。七月王政を通じて2派に分裂。 48年の二月革命後,200人の党員が温和な政党に合流し,第二帝政を支持。 70年以後にティエールを中心とした左派が形成された。議会政治に緊縛されたオルレアン王朝派は王政復古に失敗 (1873) ,77年5月の危機後は代議士数 11人まで衰退し,92年2月の教皇回勅によって大多数が共和政に加担するにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オルレアン王朝派の関連キーワードルイ・フィリップ・アルベールブロイ(公家)シャンボール正統王朝派マクマオンブロイ公秩序党

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android