コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルロ県 オルロOruro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルロ〔県〕
オルロ
Oruro

ボリビア南西部の県。県都オルロ。アンデス山脈中部山中に広がるアルティプラノ高原の中部を占め,西はチリと国境を接する。国境に沿ってアンデスの西部山脈が連なり,北部には比高の低い山地があるが,その他は標高 3600~3700mの平坦地で,南東部にはポーポ湖,南西部にはコイパサ塩沢地が広がる。主産業は鉱業で,スズ,亜鉛,タングステン,銀,銅,ビスマス,金などが採掘され,南接するポトシ県と並ぶ鉱産地帯となっている。雨が少く気候は寒冷であるが,古くからインディオにより農業が行われてきており,ジャガイモ,トウモロコシオオムギコムギキノア (アカザの一種) などが栽培される。ラマ (ヤマ) ,アルパカの飼育を中心とした牧畜も盛ん。ラパスとポトシを結ぶ幹線道路と鉄道が,県都を経て県東部を横断する。面積5万 3588km2。人口 33万 8893 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オルロ県の関連キーワードサハマ[山]ウユニ塩沢地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android