オーバーホール(読み)おーばーほーる

ダイビング用語集「オーバーホール」の解説

オーバーホール

器材を分解し、点検手入れをすること。とくにレギュレーターは水中で故障したら一大事になる器材なので、できるだけこまめにチェックするのが望ましい。一般のダイバーなら最低でも年1回は専門業者に依頼しよう。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

百科事典マイペディア「オーバーホール」の解説

オーバーホール

機械・装置類を分解して点検,修理すること。安全性確保と長期間使用のため,一定時間ごとに精密な点検を行い,摩耗・損傷個所を修理,交換する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「オーバーホール」の解説

オーバー‐ホール

〘名〙 (overhaul) 機械装置、車両、航空機などが一定の使用時間を超えたときに全体を分解して行なう修理、検査、点検など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「オーバーホール」の解説

オーバーホール(overhaul)

[名](スル)機械などを分解して点検や修理を行うこと。「車のエンジンをオーバーホールする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android