コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープンセル オープンセルopen cell

1件 の用語解説(オープンセルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オープンセル
open cell

海上でドーナツ状に穴の開いた雲が,ハチの巣のようにすきまなく並んだ雲域対流雲(おもに積雲)からなり,大気と海面水温の温度差が大きいときに発現する。ドーナツ状になるのは風速が比較的強いときであり,風が弱くなるとしだいに形が崩れてくる。日本付近では,東シナ海などで寒冷な季節風が海上を吹走するときに相対的に暖かい海面と冷たい季節風の間の大気が不安定になり対流が発生して発現する。(→クローズドセル

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オープンセルの関連情報