オープンセル(英語表記)open cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オープンセル」の解説

オープンセル
open cell

海上でドーナツ状に穴の開いた雲が,ハチの巣のようにすきまなく並んだ雲域対流雲(おもに積雲)からなり,大気と海面水温の温度差が大きいときに発現する。ドーナツ状になるのは風速が比較的強いときであり,風が弱くなるとしだいに形が崩れてくる。日本付近では,東シナ海などで寒冷な季節風が海上を吹走するときに相対的に暖かい海面と冷たい季節風の間の大気が不安定になり対流が発生して発現する。(→クローズドセル

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「オープンセル」の解説

オープン‐セル(open cell)

ウレタンなどの立体構造の1つ。閉殻空洞が泡のように多数集まっている。
上空から見て、環形の雲がハニカム状に並んでいる状態。またその構造。環部では上昇気流で雲が生じ、央部は下降気流晴天となる。主に、暖かい海水面に強い寒気が流れ込み、積雲が生じることで現れる。寒気が弱まり温度差が小さくなると、オープンセルからクローズドセルに変化することがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android