オーラブ[1世](読み)オーラブ

百科事典マイペディア「オーラブ[1世]」の解説

オーラブ[1世]【オーラブ】

ノルウェー王(在位994年ころ―999年ころ)。オスロ南西部の王族出身。バイキングを率いて北海イングランドで活動後,登位。キリスト教化を図るなどして反発を買い,反対派とデンマーク・スウェーデン連合軍にスボルの海戦で敗れた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「オーラブ[1世]」の解説

オーラブ[1世]【Olav I Tryggvason】

?‐999ころ
ノルウェー王。在位994ころ‐999年。オスロ南西部にいた王族の出身。イングランド,北海地域でバイキングとして半生を過ごす。時のノルウェーの支配者が暗殺された年にノルウェーに上陸,王となる。キリスト教化をはかり,豪族,農民と衝突。ゴトランド島,ポーランド沿岸部にも勢力をもつが,スウェーデン,デンマーク両王と反オーラブのノルウェー豪族の連合軍にスボルSvoldの海戦で敗死した。【熊野

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android