コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オールディントン オールディントン Aldington, Richard

3件 の用語解説(オールディントンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オールディントン
オールディントン
Aldington, Richard

[生]1892.7.8. ハンプシャーポーツマス
[没]1962.7.27. フランス
イギリスの詩人,小説家。『エゴイスト』誌の編集者 (1914~17) 。妻 H.ドゥーリトル (筆名 H.D.) とともに代表的なイマジズムの詩人。数冊の詩集のほかに第1次世界大戦中の体験を扱った小説『ある英雄の死』 Death of a Hero (29) ,『人間はすべて敵』 All Men Are Enemies (33) や,自伝,D.H.ロレンスの伝記などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オールディントン【Richard Aldington】

1892‐1962
イギリスの詩人,小説家。ハンプシャー生れ。ロンドン大学中退。15歳のころから詩を書きはじめ,1913年雑誌《エゴイスト》の編集者となり,同年アメリカの女流詩人H.D.と結婚(1937離婚),詩集《イメージズ》(1915)を出版,イマジズム運動の主要人物となる。第1次大戦に一兵卒として参加し,その後戦争神経症にかかりながら《戦争と恋》(1918),《欲望のイメージ》(1919),《追放者その他》(1923)を出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オールディントン
おーるでぃんとん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オールディントンの関連キーワードニューハンプシャー種ニューハンプシャーハンプシャーウオッシャーポンプジャンプシートホテル・ニューハンプシャーニューハンプシャー[州]ニュー・ハンプシャー[種]ハンプシャー[種]ハンプシャー・ダウン[種]

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone