コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーロックス aurochs

翻訳|aurochs

大辞林 第三版の解説

オーロックス【aurochs】

ウシ科の哺乳類に属する絶滅種。ヨーロッパ系の家畜化されたウシの先祖とされ、ヨーロッパ・北アフリカなどに分布していた。原牛。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーロックス

ウシ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーロックス
おーろっくす
Aurochs

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。ヨーロッパの家畜ウシの祖先で、原牛(げんぎゅう)ともいわれる。森林一帯に小さな群れをつくってすんでいたが、1627年に絶滅した。肩高180センチメートルの大形種で、毛色は黒褐色、背中に白線が走っていた。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオーロックスの言及

【ウシ(牛)】より

…ウシ属のガウア亜属(ガウア,ガヤル,バンテン,クープレーを含む)も以上の点ではウシ属ウシ亜属のウシにほぼ等しいが,この亜属では角の横断面は楕円形でイエウシのように円形でなく,前頭部が短い。また胸椎(きようつい)の棘(きよく)突起が第11胸椎まで異常に長く,第12,13と急に短くなるため,後頸(こうけい)から背の中央までが顕著に高まり,境界の鮮明な肩峰(けんぽう)を形成し,四肢の下半部がつねに淡色であるが,イエウシと絶滅したオーロックスB.primigeniusなどを含むウシ亜属では胸椎の棘突起は最長の第3,4から後ろへしだいに短くなり,そのため背はほとんど直線をなす。尾は比較的長く,白斑をもたない毛色のウシと野生種では四肢は体と同色である。…

※「オーロックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オーロックスの関連キーワードアルデシュ ショーヴェ・ポンダルク洞窟壁画アルデーシュ県北アフリカ牧畜文化絶滅動物家畜化絶滅種野牛先祖

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーロックスの関連情報