コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーロン Orlon

翻訳|Orlon

百科事典マイペディアの解説

オーロン

米国デュポン社の製造するアクリル繊維の商品名。ポリアクリロニトリル[CH2-CH(CN)](/n)をジメチルホルムアミド(CH3)2N・CHOに溶かし,乾式紡糸によって作られる。
→関連項目合成繊維紡糸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーロン【Orlon】

アクリロニトリルの重合体および共重合体で作ったアクリル繊維。アメリカのデュポン社が1948年に発表し,50年に世界で初めて市場に出した。ポリアクリロニトリルをジメチルホルムアミドに溶かして乾式紡糸によって得られる。ニットウェア,毛布,テント,カーテン,帆布などに広い用途をもつ。【瓜生 敏之】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオーロンの言及

【アクリル繊維】より

…他のモノマーと共重合させることにより,溶解性,染色性,吸湿性の向上が図られている。アメリカのデュポン社が1950年にオーロンの商標で初めて商業生産を開始した。日本では7社が生産しており,それぞれの商標で販売している。…

【デュポン・ド・ヌムール[会社]】より

…火薬事業への依存度の低下,利益の再投資という長期目標のもとで,火薬製造のノウ・ハウを生かしニトロセルロースなどの研究開発に力を注ぐとともに,17年のHarrison Brothers and Co.,28年のGrasselli Chemical Co.,30年のRoessler and Hasslacher Chemical Co.,33年のレミントン兵器会社などの買収を通じて,染料,合成樹脂,塗料などと事業を多角化していった。これらの結果,39年に世界初の合成繊維ナイロンの工業化に成功,次いで51年にアクリル繊維〈オーロン〉,52年にはポリエステル繊維〈ダクロン〉を開発した。さらにプラスチックや合成ゴムなどの新製品を開発して事業内容を拡大し,20世紀の中ごろには世界最大の化学会社となった。…

※「オーロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オーロンの関連キーワードカラー写真原色版印刷ブールジュ複合糸

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android