コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーロン オーロン Orlon

翻訳|Orlon

3件 の用語解説(オーロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オーロン(Orlon)

アクリル合成繊維。軽く、保温性に富む。商標名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オーロン

米国デュポン社の製造するアクリル繊維の商品名。ポリアクリロニトリル[CH2-CH(CN)](/n)をジメチルホルムアミド(CH3)2N・CHOに溶かし,乾式紡糸によって作られる。
→関連項目合成繊維紡糸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オーロン【Orlon】

アクリロニトリルの重合体および共重合体で作ったアクリル繊維アメリカのデュポン社が1948年に発表し,50年に世界で初めて市場に出した。ポリアクリロニトリルジメチルホルムアミドに溶かして乾式紡糸によって得られる。ニットウェア,毛布,テントカーテン,帆布などに広い用途をもつ。【瓜生 敏之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のオーロンの言及

【アクリル繊維】より

…他のモノマーと共重合させることにより,溶解性,染色性,吸湿性の向上が図られている。アメリカのデュポン社が1950年にオーロンの商標で初めて商業生産を開始した。日本では7社が生産しており,それぞれの商標で販売している。…

【デュポン・ド・ヌムール[会社]】より

…火薬事業への依存度の低下,利益の再投資という長期目標のもとで,火薬製造のノウ・ハウを生かしニトロセルロースなどの研究開発に力を注ぐとともに,17年のHarrison Brothers and Co.,28年のGrasselli Chemical Co.,30年のRoessler and Hasslacher Chemical Co.,33年のレミントン兵器会社などの買収を通じて,染料,合成樹脂,塗料などと事業を多角化していった。これらの結果,39年に世界初の合成繊維ナイロンの工業化に成功,次いで51年にアクリル繊維〈オーロン〉,52年にはポリエステル繊維〈ダクロン〉を開発した。さらにプラスチックや合成ゴムなどの新製品を開発して事業内容を拡大し,20世紀の中ごろには世界最大の化学会社となった。…

※「オーロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オーロンの関連キーワードアクリル繊維アクリロニトリル重合体ポリアクリロニトリルアクリルアミドアクリルゴムカネカロンエチレン酢酸ビニル共重合体ポリアクリルアミドポリアクリル酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーロンの関連情報