コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエサリオン Caesarion

世界大百科事典 第2版の解説

カエサリオン【Caesarion】

前47‐前30
プトレマイオス15世・カエサルの愛称。プトレマイオス朝エジプト最後の王。在位,前44‐前30年。クレオパトラ7世の長男。異論も多いが,父はカエサルといわれている。前44年,母クレオパトラと共同で王位につき,前34年〈諸王の王〉と称された。カエサルの養子で後継者であるオクタウィアヌス(アウグストゥス)との正統性に関する抗争の道具にされ,母の死後,オクタウィアヌスの命令で殺された。【長谷川 博隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカエサリオンの言及

【カエサル】より

…次いでエジプトに渡ったが,王位継承の争いにまきこまれた(前48年10月~前47年3月)。戦いに勝って王位につけたクレオパトラと結ばれ,一子カエサリオンをもうけたが,前47年9月,小アジアのゼラでミトリダテス大王の息子ファルナケスを討って,小アジアの秩序を回復した(この時の元老院あて報告が〈来た,見た,勝った〉の3語)。さらにアフリカに渡り,スキピオの率いるポンペイウスの残兵をタプソス(現,チュニジアのテブールバ)に破り(前46年4月6日),小カトーを自刃させた。…

【クレオパトラ】より

…ときにクレオパトラは21歳,カエサルは52歳であった。彼女は彼の子カエサリオンを生んだ。やがてローマに戻ったカエサルの招きで,彼女はカエサリオンと共にローマ市に招かれた(前46)。…

※「カエサリオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カエサリオンの関連キーワードアントニウス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カエサリオンの関連情報