カグヤコウモリ(読み)かぐやこうもり(英語表記)long-legged whiskered bat

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カグヤコウモリ
かぐやこうもり
long-legged whiskered bat
[学]Myotis frater kaguyae

哺乳(ほにゅう)綱翼手目ヒナコウモリ科の動物。ネマガリダケの叢林(そうりん)中で発見されたので、かぐや姫にちなんでこの名がある。北海道、中部地方以北の本州に分布し、森林地帯に生息する。頭胴長4.5~5センチメートル、前腕長3.7~4センチメートル、翼開長18センチメートル。ホオヒゲコウモリの類で、後肢と尾が著しく長く、耳介は比較的短くて幅が広い。体の背面は焦げ茶色、腹面は灰黄褐色をしている。日没後ねぐらを離れ、地上2~4メートルの低空を飛びながら昆虫などを採食する。1産1子。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android