カグヤコウモリ(読み)かぐやこうもり(英語表記)long-legged whiskered bat

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カグヤコウモリ
かぐやこうもり
long-legged whiskered bat
[学]Myotis frater kaguyae

哺乳(ほにゅう)綱翼手目ヒナコウモリ科の動物。ネマガリダケの叢林(そうりん)中で発見されたので、かぐや姫にちなんでこの名がある。北海道、中部地方以北の本州に分布し、森林地帯に生息する。頭胴長4.5~5センチメートル、前腕長3.7~4センチメートル、翼開長18センチメートル。ホオヒゲコウモリの類で、後肢と尾が著しく長く、耳介は比較的短くて幅が広い。体の背面は焦げ茶色、腹面は灰黄褐色をしている。日没後ねぐらを離れ、地上2~4メートルの低空を飛びながら昆虫などを採食する。1産1子。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android