コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシャッサ カシャッサ 〈ポルトガル〉cachaça

3件 の用語解説(カシャッサの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カシャッサ(〈ポルトガル〉cachaça)

《「カシャーサ」とも》サトウキビでつくるブラジル蒸留酒サトウキビのしぼり汁を発酵させたのち、蒸留してつくられる。アルコール分は38~54パーセント。ピンガ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カシャッサ

ブラジルの蒸留酒。ピンガpingaともいう。サトウキビの絞り汁を発酵させ蒸留したもの。ラム酒に似ているが,より重厚である。ブラジルの砂糖産業副産物として作られたもので,国民的な酒として親しまれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カシャッサ【cachaça】

ブラジルでサトウキビからつくる甘味のある強烈な蒸留酒で,ラム酒の一種。正称はアグアルデンテ・デ・カーナ・デ・アスーカル。ピンガpingaともいい,日本では火酒とも書く。16世紀以来ブラジルの社会形成に最も力のあった砂糖産業の副産物として生産され,階層を超えて親しまれてきたこの酒は,ブラジルの国民酒であり,数々の民謡・民話等で民俗的インスピレーションの源泉となっている。つぶしたレモンと砂糖とを加えたものをカイピリーニャという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カシャッサの関連キーワードショ糖チリ製糖椰子糖アラビカぶらつ・くべらつ・く天然甘味料バイオエタノール燃料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カシャッサの関連情報