コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシャッサ 〈ポルトガル〉cachaça

百科事典マイペディアの解説

カシャッサ

ブラジルの蒸留酒。ピンガpingaともいう。サトウキビの絞り汁を発酵させ蒸留したもの。ラム酒に似ているが,より重厚である。ブラジルの砂糖産業の副産物として作られたもので,国民的な酒として親しまれている。大ぶりのグラスにつぶしたライム数個と砕いた氷を入れ,カシャッサを注いで砂糖を加えたものはカイピリーニャという。ライムの代りにレモンジュースを加えることもあり,砂糖は入れない場合もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カシャッサ【cachaça】

ブラジルでサトウキビからつくる甘味のある強烈な蒸留酒で,ラム酒の一種。正称はアグアルデンテ・デ・カーナ・デ・アスーカル。ピンガpingaともいい,日本では火酒とも書く。16世紀以来ブラジルの社会形成に最も力のあった砂糖産業の副産物として生産され,階層を超えて親しまれてきたこの酒は,ブラジルの国民酒であり,数々の民謡・民話等で民俗的インスピレーションの源泉となっている。つぶしたレモンと砂糖とを加えたものをカイピリーニャという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カシャッサの関連情報