コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステランマレ・ディ・スタビア Castellammare di Stabia

世界大百科事典 第2版の解説

カステランマレ・ディ・スタビア【Castellammare di Stabia】

イタリア南部,ナポリ県にある保養地。港湾都市。人口7万0317(1981)。古称スタビアエStabiae。ローマ時代からの水源地で,28種もの鉱泉を有する。紀元79年,ベスビオ山噴火でポンペイと同じ運命に見舞われたが,10年後に再建。のち外国の支配と略奪にあい,泉を守るために海際に城塞(カステロ)が建てられたのが地名の由来。ナポリ王国,両シチリア王国時代に,造船所,水道,鉄道が建設され,現在の産業都市(造船,機械,繊維)としての発展の基となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android