コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステランマレ・ディ・スタビア Castellammare di Stabia

1件 の用語解説(カステランマレ・ディ・スタビアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カステランマレ・ディ・スタビア【Castellammare di Stabia】

イタリア南部,ナポリ県にある保養地。港湾都市。人口7万0317(1981)。古称スタビアエStabiae。ローマ時代からの水源地で,28種もの鉱泉を有する。紀元79年,ベスビオ山噴火でポンペイと同じ運命に見舞われたが,10年後に再建。のち外国の支配と略奪にあい,泉を守るために海際に城塞(カステロ)が建てられたのが地名の由来。ナポリ王国両シチリア王国時代に,造船所,水道,鉄道が建設され,現在の産業都市(造船,機械,繊維)としての発展の基となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カステランマレ・ディ・スタビアの関連キーワードソレントナポリ王国カンパニアサンタルチアカステッランマーレディスタビアスパッカナポリナポリを見てから死ねナポリ大聖堂ボーメロナポリ風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone