カタストローフ(英語表記)catastrophe

翻訳|catastrophe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタストローフ
catastrophe

システムの不連続現象を扱う数学理論。たとえば,3次関数 yx3+εx を考えると,ε>0 と ε<0 とで様相が変る。このように,ε=0 を境として質的変化の生じる現象をカタストローフ,あるいは破局,破断という。フランスの R.トムはカタストローフの理論によって,自然現象や社会現象の質的変動を解析するモデルないしはメタファーを提供することによって,自然科学のみならず,特に社会現象の構造分析のような人文系の諸分野からも注目を浴びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カタストローフ

〘名〙 (catastrophe)
※文学史的空白時代(1928)〈大宅壮一〉三「彼の死は、現文壇の中堅作家の殆どすべてを包んでゐる行き詰りの中から生まれた一つの同情すべき良心的なカタストロフであったのである」
※和解(1917)〈志賀直哉〉七「自分は其長篇のカタストローフをさう書かうとは決めなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android