コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタストローフ catastrophe

翻訳|catastrophe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタストローフ
catastrophe

システムの不連続現象を扱う数学理論。たとえば,3次関数 yx3+εx を考えると,ε>0 と ε<0 とで様相が変る。このように,ε=0 を境として質的変化の生じる現象をカタストローフ,あるいは破局,破断という。フランスの R.トムはカタストローフの理論によって,自然現象や社会現象の質的変動を解析するモデルないしはメタファーを提供することによって,自然科学のみならず,特に社会現象の構造分析のような人文系の諸分野からも注目を浴びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カタストローフの関連キーワードカタストロフィーの理論

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android