カタンガ州(読み)カタンガ(英語表記)Katanga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カタンガ州」の解説

カタンガ〔州〕
カタンガ
Katanga

コンゴ民主共和国最南端の。1972~97年までシャバ州 Shaba。ルアラバ川上流域のカタンガ高原を占め,州域の大部分標高 1000m前後のサバナ高地。州都ルブンバシ。豊富な地下資源があり,世界有数のコバルトの産地として知られる。ほかに亜鉛カドミウム,鉛を産する。かつてはウラン産出。ベルギー統治時代には,レオポルド2世がイギリス資本も加えてつくったカタンガ特別委員会から発展したユニオンミニエールが鉱山開発を支配していたが,1967年に国営化され,コンゴジェネラル鉱山となった。その後日本の鉱業グループが政府と合弁のコンゴ鉱業開発会社をつくって進出したほか,日本の企業を含む国際コンソーシアムが地下資源開発を計画。コンゴ動乱の際は,モイーズ・チョンベの指導のもとに分離独立を主張して戦ったが,国際連合軍に鎮圧された。面積 49万6877km2。人口 454万8825(1991推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報