コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッタクルガン カッタクルガンKattakurgan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッタクルガン
Kattakurgan

ウズベキスタン中部,サマルカンド州の都市。州都サマルカンドの西北西約 70kmにあり,ゼラフシャン川にのぞむ。 18世紀に商業,手工業の中心地として始った。綿織物,食肉などの工場が立地する。付近のゼラフシャン川の曲流部にカッタクルガン人造湖が建設され,上水,灌漑用水の水源として利用されている。ブハラとサマルカンドを結ぶ鉄道が通る。人口5万 9600 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カッタクルガンの関連キーワードゼラフシャン[川]

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android