コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニノテ Amphiroa dilatata Lamour.

1件 の用語解説(カニノテの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カニノテ【Amphiroa dilatata Lamour.】

沿岸の漸深帯の岩上をおおうように生育する紅藻サンゴモ科の海藻(イラスト)。多量の炭酸カルシウムを沈着させる石灰藻で,体は石のように固い。体は規則正しく叉(さ)状に繰り返し分枝するので,全形は扇状となる。主軸と枝の区別はなく,扁平で,一定の間隔で節がある。体は幅約2mmで,高さ約10cm以上となる。体には表と裏があり,胞子は裏側につくられる。朝鮮,日本近海,アフリカオーストラリアに分布が知られる。日本沿岸では関東地方より南部の沿岸に生育し,やや深いタイドプールの側壁にみられることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カニノテの関連キーワード上扇鷹揚火屋百足海苔リトマス苔奥羽瓔珞貝好熱菌カワノリ好冷細菌立木(りゅうぼく)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone