コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネム=ボルヌ王国 カネム=ボルヌおうこくKanem-Bornu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネム=ボルヌ王国
カネム=ボルヌおうこく
Kanem-Bornu

9世紀から 19世紀まで,中部アフリカのチャド湖周辺を支配した王国。その版図は時代により異なるが,チャド南部,カメルーン北部,ナイジェリア北東部,ニジェール東部,リビア南部にまたがる。9世紀中頃にチャド湖北東のンジミを首都として建国され,遷都以前をカネム王国,遷都以後をボルヌ王国という場合もある。 11世紀末にウメ王がイスラム教に改宗して以後,イスラム国家となり,北アフリカとサハラ砂漠以南のアフリカとを結ぶ長距離交易の要衝として繁栄した。 14世紀後半に遊牧民ブララ族が反乱を起し,王はカネムを捨て,チャド湖の西にあるビルニ・ヌガザルガムに遷都した。 16世紀のイドリース・アローマ王 (在位 1571~1603) の治世に最盛期を迎えたが,19世紀初めに,ナイジェリアのフルベ族の勢力が浸透し,ついに 1808年に王は首都ビルニ・ヌガザルガムから追放された。その後もカネム地方で勢力を保ったものの,46年にこの王朝は滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カネム=ボルヌ王国の関連キーワードクルドファン州マイドゥグリワダイ王国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android