コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネム・ボルヌー帝国 カネムボルヌーていこくKanem‐Bornu

世界大百科事典 第2版の解説

カネムボルヌーていこく【カネム・ボルヌー帝国 Kanem‐Bornu】

9世紀ごろから19世紀まで,中部アフリカのチャド湖周辺を支配した帝国。版図は時代により異なるが,ニジェール東部,ナイジェリア北東部,カメルーン北部,チャド西部にまたがる。起源はよくわかっていないが,9世紀初頭にカヌリ族がチャド湖北東のカネム地方のヌジミを首都として建国したと考えられている。11世紀末にウメ王がイスラムに改宗し,イスラム国となった。この後カヌリ族が元来使っていた馬で騎兵隊を組織して周辺種族を支配し,北アフリカとサハラ以南のアフリカとを結ぶ内陸貿易路の要衝として栄えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカネム・ボルヌー帝国の言及

【チャド】より

…南部の部族と北部の部族は人口がほぼ同数であり,歴史的にも文化,社会の面でも異なり,深刻な対立を繰り広げている。北部は9世紀以降カネム・ボルヌー帝国に属し,早くからイスラム化した。帝国は南部住民の奴隷狩りに経済的繁栄の基礎を置いていたが,19世紀には帝国を征服した奴隷商人出身のラービフによって奴隷交易はいっそう強化された。…

※「カネム・ボルヌー帝国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カネム・ボルヌー帝国の関連キーワードイドリース・アローマチャド[湖]