コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノニカル集合 カノニカルしゅうごうcanonical ensemble

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノニカル集合
カノニカルしゅうごう
canonical ensemble

正準集合ともいう。統計力学で,エネルギーEi にある確率が exp (-Ei/kT) に比例するような分布 (カノニカル分布) をする体系の集合。ただし T は絶対温度,kボルツマン定数。これは絶対温度 T の熱浴とエネルギーのみをやりとりして熱平衡状態にある系を表わす集合ともいえる。統計力学の分野では最も頻繁に用いられる集合である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カノニカル集合の関連キーワードカノニカル分布ボルツマン因子分配関数

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android