コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カプアーナ カプアーナ Capuana, Luigi

3件 の用語解説(カプアーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプアーナ
カプアーナ
Capuana, Luigi

[生]1839.5.28. カタニヤミネオ
[没]1915.11.29. カタニヤ
イタリアの小説家,評論家。ベルガに代表される「ベリズモ」の定義者として著名。多数の小説のほかに,少年小説も書いた。主著『現代文学研究』 Studi sulla letteratura contemporanea (1879,81) ,『昔あるところに…』C'era una volta... (82) ,『シチリアの少年』 Scruppidu (98) ,『ロッカベルディナ侯爵』 Il marchese di Roccaverdina (1901) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カプアーナ【Luigi Capuana】

1839‐1915
イタリアの批評家,小説家。イタリア南端シチリア島に生まれたが,北イタリアへ移住してベルガらと接触し,文筆活動に入った。フランス自然主義文学およびデ・サンクティスの美学の影響下に,《現代イタリア文学研究》2巻(1879,82)を発表し,ベリズモの理論を提唱した。主としてこの功績により評価されているが,彼自身は後年,みずからベリズモの限界を指摘した。また,批評家としての活動のほかに,ベリズモの理論に基づく創作をも手がけており,故郷シチリアを舞台に据えながら,そこに生きる人々を執拗に描出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カプアーナ
かぷあーな
Luigi Capuana
(1839―1915)

イタリアの文芸評論家、小説家。フランス自然主義文学およびデ・サンクティスの美学の影響下に、『現代イタリア文学研究』(第1巻・1879、第2巻・1882)を発表し、ベリズモの理論を提唱した。長編小説『ジャチンタ』(1879)、短編集『情熱の女たち』(1893)など、故郷シチリアを舞台に、自らの理論に基づく創作も手がけ、長編小説『ロッカベルディーナの侯爵』(1901)がその代表作とされる。しかしそれらは、同郷の巨匠ベルガG. Vergaの構築した壮大な文学世界には遠く及ばず、詩的というよりも民俗学的様相を呈しながら、単なる地方風俗のドキュメントにとどまる危険性をはらんでいる。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプアーナの関連キーワード中谷泰カタニアネタニヤ死に病中谷水谷闇値にやつ・くヤミー・ヤミー・ヤミー赤谷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone