コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カホフスキー人造湖 カホフスキーじんぞうこKakhovskoe Vodokhranilishche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カホフスキー人造湖
カホフスキーじんぞうこ
Kakhovskoe Vodokhranilishche

ウクライナを流れるドネプル川をせきとめて造った人造湖。面積 2150km2,最深点 36m,貯水量 182億m3。カホフカ発電所の能力 31万 2000kW。ダムはカホフカダムで,ドネプル川にある数段のダムのうち最下流部のもの。河口から 90kmさかのぼった位置にダムがあり,ここからさらに 10kmさかのぼるとドネプル発電所がある。ヘルソン,ドネプロペトロフスクザポロージエの3州にまたがり,1955年秋に貯水開始,56年完成。水は南ウクライナの乾燥地帯に灌漑用水などを通じて配分される。湖岸にカホフカ,ザポロージエ,ニーコポリ,ベリスラフ,ノーバヤカホフカなどの港がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報