コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラ工業 カメラこうぎょうcamera industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメラ工業
カメラこうぎょう
camera industry

カメラを生産する産業。精密機械工業の一つとされ,特にレンズ露出機構などの製作は高度の技術が必要である。日本のカメラ工業は明治期に生まれたが,外国製,特にドイツ製カメラに押されて,第2次世界大戦まではあまり発展しなかった。戦後は消費景気輸出などに支えられて本格的に発達し,ドイツ連邦共和国西ドイツ)と並んで国際的にも大きな地歩を確立し,生産量の半分以上が輸出に向けられるようになった。2000年代からデジタルカメラが普及し始め,今日ではデジタルカメラが 9割以上を占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カメラ工業【カメラこうぎょう】

伝統的にドイツが強力であったが,今日では日本,ドイツ,米国が三大生産国で,日本は1950年代半ばから急成長,1962年に再統一前の西ドイツを抜いて生産量で世界一となり現在も質的には最高水準にある。
→関連項目光学器械工業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

カメラ工業の関連キーワード写真機工業

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カメラ工業の関連情報