コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメラ工業 カメラこうぎょう camera industry

2件 の用語解説(カメラ工業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カメラ工業
カメラこうぎょう
camera industry

カメラを生産する産業。精密機械工業の一つとされ,特にレンズ露出機構などの製作は高度の技術が必要である。日本のカメラ工業は明治期に生まれたが,外国製,特にドイツカメラに押されて,第2次世界大戦まではあまり発展しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カメラ工業【カメラこうぎょう】

伝統的にドイツが強力であったが,今日では日本,ドイツ,米国が三大生産国で,日本は1950年代半ばから急成長,1962年に再統一前の西ドイツを抜いて生産量で世界一となり現在も質的には最高水準にある。
→関連項目光学器械工業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カメラ工業の関連キーワード機械工業軍需産業工業計測重化学工業重工業食品産業精密機械工業精密機械素材産業・加工組立産業部品工業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone