コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤラン Sarcochilus japonicus Miq.

2件 の用語解説(カヤランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カヤラン【Sarcochilus japonicus Miq.】

樹上または岩上に着生する常緑で小型のラン科植物(イラスト)。2列に並んだ葉がカヤやイヌガヤを思い起こさせるので,この和名がある。茎は長さ3~6cm,偽球茎とならず単軸分枝を行い,左右2列に葉を互生する。茎の中ほどから基部に多数の根を出す。葉は常緑で革質,長さ2~4cm,幅4~6mmの披針形。4~5月ころ,長さ2~4cmの細い花茎を葉腋(ようえき)より出し,2~5花をつける。花は淡黄色で直径7~8mm,少し開出し,1日でしぼむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カヤラン
かやらん / 榧蘭
[学]Thrixspermum japonicum Reichb. f.

ラン科の常緑多年草。茎は3~6センチメートル、左右2列に葉を互生する。3~5月、葉腋(ようえき)から花茎を伸ばし、2~5花をつける。花は淡黄色で径7~8ミリメートル、半開性で一日咲き。唇弁は3裂し、中裂片の基部は浅い袋状。本州、四国、九州の温帯の樹上または岩石上に着生する。名は、2列に並んだ葉がカヤ(榧)を思わせるのでいう。この属は、蕊柱(ずいちゅう)の基部が発達していること、花が一日咲きであることなどでベニカヤラン属などと区別され、約100種が東南アジアからオーストラリアにかけて分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カヤランの関連キーワードパフィオペディルム海芝常緑名護蘭松葉蘭豆蔦榧蘭獅子蘭ししん蘭瓔珞蘭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone