コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラス事件 カラスじけん Affaire Calas

2件 の用語解説(カラス事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラス事件
カラスじけん
Affaire Calas

フランスツールーズの新教徒商人ジャンカラスをめぐる誤審裁判事件。旧教に改宗した息子が自殺体で発見されたとき (1761) ,父親が殺したものと疑われツールーズ高等法院の判決により車裂きの刑を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カラスじけん【カラス事件 L’affaire Calas】

フランスでおきた異端迫害の冤罪事件。1762年3月9日トゥールーズ高等法院は,同市フィラチエ街の衣料店主カラスJean Calas(1698‐1762)に死刑を宣告した。プロテスタントの彼が,カトリックに改宗しようとした長男マルクを絞殺した(1761年10月13日夜)というのである。62年2月19日にはプロテスタント牧師ロシェット,グルニエ3兄弟が処刑されている。カトリック側の不寛容の狂信による迫害である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラス事件の関連キーワードフランスデモ魔女狩デオキシス(ディフェンスフォルム)フランス白粉の秘密フランス・デパート殺人事件富山県の冤罪・再審事件富山県の冤罪事件富山、鹿児島両県警の冤罪・無罪事件鹿児島・富山の無罪・冤罪事件村木元局長の冤罪事件

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone