カラテオドリ(英語表記)Constantin Carathéodory

世界大百科事典 第2版の解説

カラテオドリ【Constantin Carathéodory】

1873‐1950
ドイツの数学者。ギリシア系の旧家に外交官の子としてベルリンに生まれた。1904年ゲッティンゲン大学で学位を得た後,講師となり,その後,ボン大学講師,ギリシアのアテネ大学教授を歴任,24年ドイツのミュンヘン大学に教授として迎えられ,以後生涯ミュンヘンに滞在した。彼の研究は変分学,複素関数論等角写像実関数論数理物理学(とくに熱力学特殊相対性理論)の諸分野にわたっているが,変分学と実関数論の研究がとくに著名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カラテオドリ【Constantin Carathéodory】

1873~1950) ドイツの数学者。変分学と実関数論を中心に業績は諸分野にわたる。特に実関数論の公理論的展開は、その後の関数解析学や確率論の著しい発展の基礎となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

カラテオドリ

生年月日:1873年9月13日
ドイツの数学者
1950年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android