コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリマンタンティムール州 カリマンタンティムールKalimantan Timur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリマンタンティムール〔州〕
カリマンタンティムール
Kalimantan Timur

インドネシアボルネオ島カリマンタン東部の州。北東はセレベス海,東はマカッサル海峡に臨み,北はカリマンタンウタラ州,西はカリマンタンバラット州,南西はカリマンタントゥンガ州,南はカリマンタンスラタン州に接する。州都サマリンダ。2012年北部がカリマンタンウタラ州として分離した。南東部を流れるマハカム川とその支流は内陸部に盆地を形成している。山間部はチークなどの熱帯雨林に覆われる。移動農業が行なわれ,米,トウモロコシ,キャッサバなどが生産される。漁業も重要。製造業は食品加工,精米,医薬品など。東部の沖合いでは石油と天然ガスを産出し,アタカ油田やバダックなどの天然ガス田があり,国家の重要な財源となっている。バリクパパン近郊には石油精製所が立地。おもな住民は,内陸部ではクニャー族やカヤン族を含むダヤク諸族,海岸部ではマレー人ジャワ族ブギス族などで,海岸部ではイスラム教徒が,内陸部ではキリスト教徒が多い。面積 20万4534km2。人口 355万3143(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カリマンタンティムール州の関連キーワードハンディル油田

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android