コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルウィリウス カルウィリウス Carvilius

1件 の用語解説(カルウィリウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルウィリウス
カルウィリウス
Carvilius

235ローマの執政官 (コンスル ) となったスプリウス・カルウィリウス・マクシムスの解放奴隷。ローマで初めて有料の学校を開いたと伝えられている。それ以前の教師たちは生徒から任意の謝礼を受けていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルウィリウスの関連キーワードプロコンスルマルケルス執政官ネルワファビウスローマの泉ローマの祭カトー[大]スキピオ[大]ピソ・フルギ

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone