コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルバドス 〈フランス〉calvados

栄養・生化学辞典の解説

カルバドス

 リンゴでつくるブランデーの一種フランスのカルバドス県で生産されるもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルバドス【calvados[フランス]】

北フランス,ノルマンディー地方カルバドス県産のアップルブランデー。シードル(リンゴ酒)を,コニャックと同様にシャラント型ポットスチルで2回蒸留し,オークの樽に詰めて熟成させたものだが,この呼称を許されるのはオージュ地方とその周辺の指定された地区のものに限られ,それ以外はオードビシードルの名で呼ばれる。カルバドスはこはく色で,独特の芳香があり,アルコール分40~45%,高級品には50%以上のものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カルバドス【calvados】

〔フランスのカルバドス県で造られることから〕
リンゴ酒を蒸留したブランデー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

カルバドス【calvados(フランス)】


フランス北西部のノルマンディー地方カルバドス県に産する、りんごでつくるブランデー黄褐色で、華やかな香りがある。アルコール度数は40~50度。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルバドス
かるばどす
calvadosフランス語

カルバcalvaともいい、フランス、ノルマンディー地方のカルバドス県でつくられる、りんご酒(シードル)を蒸留したブランデー。この地方は寒くてブドウの栽培に適さないため、りんご酒の生産が盛んである。カルバドスは、とくにペイ・ドージュ地区のものが有名で香気も高い。ほかの地区のものはリンゴ・ブランデーとよばれる。レマルク作『凱旋門(がいせんもん)』の主人公ラビック愛用の酒として日本では名を知られているが、フランスでは高級酒とされていない。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カルバドスの関連キーワードソレル(Albert Sorel)バスノルマンディーフレンチブランデーカーン(フランス)アルベール ソレルノルマンディ風オンフルールル・プレーボードビルファレーズノルマンドリジューミルボーマルシェトルビルカーン城ドービルバイユーオルヌ川パーカー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルバドスの関連情報