カルボキシメチルセルロース(英語表記)carboxymethyl cellulose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルボキシメチルセルロース
carboxymethyl cellulose

CMC と略記することもある。セルロースグリコール酸エーテルという。アルカリセルロースクロロ酢酸塩を作用させて得られるセルロースエーテルで,セルロースの -OH 基が,-OCH2COOH 基で置換された構造をとる。普通はナトリウム塩が市販されている。水に溶けて粘稠な溶液となるので,土壌改良剤,エマルジョン安定剤,染色糊料,糊料,食品添加物などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

カルボキシメチルセルロース

 セルロースの多価カルボキシメチルエーテルで,糊料として食品添加物に指定されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルボキシメチルセルロース
かるぼきしめちるせるろーす
carboxymethyl cellulose

カルボキシメチル繊維素、セルロースグリコール酸ともいい、一般には英名を省略してCMCという。吸湿性の白色固体。セルロースを水溶性にするためにくふうされたもので、そのヒドロキシ基にカルボキシメチル基-CH2COO-を導入したセルロースエーテルのこと。セルロース、クロロ酢酸、水酸化ナトリウムを混合するか、アルカリセルロースにクロロ酢酸を加え加熱するかして合成する。
  Cell-OH+NaOH+ClCH2COOH
   ―→Cell-OCH2COOH
 セルロース単位(C6)当りのカルボキシメチル基の置換度は0.8以下であり、0.5ぐらいまではアルカリ可溶で、それ以上になると水溶性となる。水溶液は粘性高く保護コロイド性をもち、皮膜形成能がある。一般に水性製品の粘度を増やすのに用い、無味、無臭、無害であるため、食品、化粧品、医薬品、洗剤、捺染剤(なっせんざい)などに広く利用されている。[谷利陸平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android