カルルシュタット(英語表記)Karlstadt(Carlstadt), Andreas Bodenstein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルルシュタット
Karlstadt(Carlstadt), Andreas Bodenstein

[生]1480頃.カルルシュタット
[没]1541.12.24. バーゼル
ドイツの宗教改革者。ウィッテンベルク大学で神学を講じる。宗教改革運動が起ると,ルターとは見解の相違があったにもかかわらず,聖画像の撤去,幼児洗礼やミサの廃止など,独自で過激な改革を断行したため,ザクセンから 1524年と 29年に2回追放された。晩年はバーゼルで教えながら牧会に努めた。主著『正典論』 De canonicis scripturis (1520) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報