コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無名人の手紙 むめいじんのてがみ Epistolae obscurorum virorum

1件 の用語解説(無名人の手紙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むめいじんのてがみ【無名人の手紙 Epistolae obscurorum virorum】

ラテン語の風刺書簡集。《愚者の手紙》と訳されることもある。16世紀初めドイツで出版された。作者は匿名であるが,だいたいエルフルト大学の学徒クロトゥス・ルビアヌスCrotus Rubianus(本名イェーガーJohannes Jäger,1480ころ‐1545ころ)やフッテンらと考えられる。その機縁をなしたのは,改宗ユダヤ人フェッファーコルンJohannes Pfefferkorn(1469‐1522か23)のユダヤ教徒迫害と,これに対抗して学問的な見地からユダヤ教学の保全と古文書研究をまもろうとした人文主義者ロイヒリンとの抗争であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無名人の手紙の関連キーワード風刺画ラテン語ラテン文学ガラテヤ人への手紙ラテン民族拉葡日対訳辞書書簡羅甸オライト副手根骨 (accessory carpal bone)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone