コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル・フリードリヒ カルル・フリードリヒ Karl Friedrich, Markgraf von Baden

2件 の用語解説(カルル・フリードリヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル・フリードリヒ
カルル・フリードリヒ
Karl Friedrich, Markgraf von Baden

[生]1728.11.23. カルルスルーエ
[没]1811.6.20. カルルスルーエ
バーデン辺境伯 (在位 1746~1811) 。ドイツの啓蒙絶対君主の一人。 1746年の即位前に,スイスフランスオランダなどに遊学して啓蒙思想に強く影響された。とりわけ経済・社会政策のうえで重農主義の理論を実践しようと努めたことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カルル・フリードリヒ
カルル・フリードリヒ
Karl Friedrich von Holstein-Gottrop

[生]1700
[没]1739
ホルシュタイン=ゴットロプ公。スウェーデンの反フレデリック王派 (ホルシュタイン党,別名ハット党) の中心人物 (→キャップ党・ハット党 ) 。カルル 12世の姉の子。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルル・フリードリヒの関連キーワードカルルス温泉カールスバートカルルス泉塩ダブルスカルマカルスカカルルス温泉サンライバスキー場230ルスツさる・るるる北海道登別市カルルス町カルルスせんべい

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone