コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル・フリードリヒ カルル・フリードリヒKarl Friedrich, Markgraf von Baden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル・フリードリヒ
Karl Friedrich, Markgraf von Baden

[生]1728.11.23. カルルスルーエ
[没]1811.6.20. カルルスルーエ
バーデン辺境伯 (在位 1746~1811) 。ドイツの啓蒙絶対君主の一人。 1746年の即位前に,スイス,フランス,オランダなどに遊学して啓蒙思想に強く影響された。とりわけ経済・社会政策のうえで重農主義の理論を実践しようと努めたことで知られる。ドイツの重農主義理論家 J.シュレットワインを財政顧問に招いたほか,ミラボー侯,デュポン・ド・ヌムールという著名な重農主義者と盛んに文通して教えを仰ぎ,地租単一税制の施行と大農経営の育成を試みた。著書にミラボーの理論を祖述した『経済学原理概要』 Abrégé des principes de L'économie politique (1773) がある。

カルル・フリードリヒ
Karl Friedrich von Holstein-Gottrop

[生]1700
[没]1739
ホルシュタイン=ゴットロプ公。スウェーデンの反フレデリック王派 (ホルシュタイン党,別名ハット党) の中心人物 (→キャップ党・ハット党 ) 。カルル 12世の姉の子。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カルル・フリードリヒの関連キーワードハイデルベルク大学バーデン辺境伯領ピョートル3世スウェーデン宇宙進化論結び目理論カルル星雲説潮汐説数論

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android