コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルー Karroo

翻訳|Karroo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルー
Karroo

南アフリカ共和国東ケープ州西ケープ州にまたがる大小二つの広大な台地。グレートカルーは北の大断層崖と南のツバルテベルゲ山脈との間にあり,標高 600~1000m。リトルカルーは,グレートカルーの南西に位置し,北のツバルテベルゲ山脈,南のランゲベルゲ山脈により囲まれ,標高 300~600m。両カルーとも,年降水量は多いところで 480mm,少ないところでは 150mmに達しない。永久河川はなく,カルー低木と呼ばれる貧弱な低木がわずかに生育。牧羊やアンゴラヤギの飼育が盛んであるが,灌漑のあるところではムギ類,果実,アルファルファ(ムラサキウマゴヤシ)などの栽培も行なわれる。グレートカルーではグラーフリネットボーフォートウェスト,リトルカルーではオウツフールンなどの主要都市がある。名称は乾燥,不毛を意味するコイ語に由来。

カルー
Carew, Rod

[生]1945.10.1. パナマ,ガトゥン
アメリカ合衆国のプロ野球選手。フルネーム Rodney Cline Carew。同世代の選手のなかでも群を抜く強打者の一人。右投げ左打ち。1962年母親とともにニューヨークに移住し,市の草野球チームに加入。1964年ミネソタ・ツインズと契約,マイナーリーグでプレーしたのち,1967年大リーグに昇格した。7度にわたりアメリカンリーグの首位打者に輝き(1969,1972~75,1977~78),1977年に自己最高となる打率 3割8分8厘を記録してリーグ最優秀選手 MVPに選ばれた。1969年にはホームスチール 7回のリーグ記録を達成。1979年カリフォルニア・エンジェルズに移籍し,その後も 3割以上の打率を維持した。1986年引退。終身打率 3割2分8厘の成績を残し,1991年野球殿堂入りを果たした。パナマでは国民的英雄として称賛され,市民権をもち続けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルーの関連キーワードキング・オブ・ニューヨークケープ(南アフリカ共和国)ナミブ=ナウクルフト公園ビューフォートウエストグレート・カルー盆地那須ハイランドパークブルームフォンテーンドラケンスベルク山脈サンシャインコーストL. エイナウディカルーセルパネル南アフリカワインマロヤロスラベツハンス グリムカルーアミルクカルーセル表示哺乳類型爬虫類ヒース(植物)オブニンスクエル・ドラド

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルーの関連情報