野球殿堂(読み)やきゅうでんどう(英語表記)National Baseball Hall of Fame and Museum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野球殿堂
やきゅうでんどう
National Baseball Hall of Fame and Museum

アメリカ,ニューヨーク州クーパーズタウンにある野球博物館。野球界の発展に貢献した人々の功績を称賛し,記録を保存することを目的に,A.ダブルデーが提唱した「アメリカ野球起源説 100周年」を記念して 1939年開設された。館内に掲額されることを野球殿堂入りといい,野球人最高の栄誉とされる。第1回の選考は 1936年に行なわれ,タイ・カッブ,ベーブ・ルース,H.ワグナー,C.マシューソン,W.ジョンソンが名を連ねた。アメリカ野球記者協会と殿堂委員会が毎年選出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

野球殿堂

大リーグに制定されている名声の殿堂で、殿堂入りは野球に貢献した選手・関係者に与えられる栄誉。1936年にベーブ・ルースら最初の5人が選ばれ、39年、ニューヨーク州クーパーズタウンに設置。受賞資格は最低10年間のプレー経験を持ち引退後5年経過した選手で、10年以上の取材経験を持つ野球記者の投票で75%以上の支持が必要。日本では59年に制定、現在は東京の野球体育博物館に設置され、2008年には山本浩二堀内恒夫嶋清一を加えて計164人が殿堂入りしている。

(武田薫 スポーツライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

やきゅう‐でんどう〔ヤキウデンダウ〕【野球殿堂】

野球殿堂博物館」に同じ。
の機関によって顕彰された功労者の名簿。日本では年に一度、日本の野球の発展に寄与した人物が選ばれる。第1回は昭和34年(1959)で、沢村栄治ら9名が顕彰された。野球の殿堂。「野球殿堂入りを果たす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

野球殿堂【やきゅうでんどう】

日本野球の発展に貢献した関係者,選手を記念しその功績を讃えるために1959年創設。アメリカのクーパーズタウンにあるホール・オブ・フェーム Hall of Fame(名誉の殿堂)にならったもの。競技者表彰と特別表彰があり,どちらかに選ばれることを〈殿堂入り〉と通称される。殿堂入りは選考委員会による投票で決定される。殿堂入りすると,ブロンズ製の胸像が東京ドーム(ドーム・スタジアム)内〈野球体育博物館〉の殿堂ホールに飾られる。なお同博物館は,このほか野球の歴史にまつわる資料やスポーツ関連の図書なども収蔵・展覧している。
→関連項目稲尾和久江藤慎一榎本喜八鶴岡一人山内一弘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やきゅうでんどう【野球殿堂】

野球界に功績のあった人の名誉をたたえるための会堂。1936年にアメリカの野球発祥地ニューヨーク州クーパーズタウンに建立され,アメリカではHall of Fame(National Baseball Hall of Fame and Museum)という。表彰された人の肖像額が館内に飾られ,また記念品や遺品が展示されている。そのなかには日本の400勝投手金田正一のボール,868本塁打の王貞治のバットなどもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やきゅうでんどう【野球殿堂】

東京都文京区の野球場東京ドームにある野球体育博物館の通称。日本の野球界に貢献した人の功績をたたえる記録が残されている。
アメリカ、ニューヨーク州クーパースタウンにある野球博物館。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の野球殿堂の言及

【クーパーズタウン】より

…人口2342(1980)。人口の割にこの町が有名なのは,1839年アブナー・ダブルデーが,ここで野球を創案したといわれるからで,百年祭では国立の野球殿堂National Baseball Hall of Fame and Museum(1939設立)が設けられた。氷河湖であるオツィーゴ湖の南岸にあるこの町は,作家J.F.クーパーが少年時代を過ごした所で,町名は彼の父で町の創立者でもあるウィリアム・クーパーにちなむ。…

※「野球殿堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野球殿堂の関連情報