コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレス カレスCharēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレス
Charēs

前4世紀頃のギリシア,アテネの将軍,傭兵隊長。前 375年トラキア王ケルソブレプテスからケルソネソスを奪回。しかし,マケドニアフィリッポス2世との戦いでは戦果なく,カイロネイアの戦いで敗北後,テーベを占領したアレクサンドロス3世 (大王) より,降伏を要求され,ペルシアに逃亡した。その後ペルシア軍を指揮したが,戦果をあげることはできなかった。

カレス
Cales

イタリア,カンパーニア地方にあった古代ローマ時代の都市。前 334年ラテン植民市が建設されカンパーニアにおけるローマ勢力の中心となった。ハンニバル戦争 (→ポエニ戦争 ) ではローマ軍の重要な基地となったが,そのため大きな損害を受けたので,前 209年ローマへのそれ以上の協力を拒否した。前 184年ローマはこの都市を補強したが,共和政末期と帝政期を通じて自治都市 (ムニキピウム ) であった。この都市付近は陶器製造でも有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カレスの関連キーワードコンスタンティン シルヴェストリベーア(Johann Beer)ヒューバート・H. ハンフリーアルフレッド メンデルゾーンパウル コンスタンティネスクコンスタンチン グリアンサビン・V. ドゥラゴイテュドール チョルテアベルベデーレのアポロンジェイムズ シュミッツアドリアン ナスタセサミュエル ヤマシタイレアナ コトルバスミルチャ エリアーデK.M. スタッグスヨネル ペルレアチシュミジウ公園ヘラストラウ公園クルテアベケ教会アンチ・ヒーロー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android