コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレミエ Kalemie

百科事典マイペディアの解説

カレミエ

コンゴ民主共和国東部,タンガニーカ湖西岸の港湾都市。旧名アルベールビルシャバ州産出の銅の積出港。西方約250kmのカバロとの間に鉄道が通じるほか,対岸のキゴマとは湖上汽船で結ばれ,インド洋への出口として重要。9万3000人(2004)。
→関連項目タンガニーカ[湖]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カレミエ【Kalémié】

中部アフリカのコンゴ民主共和国(旧,ザイール)東端の都市。人口10万1000(1994)。タンガニーカ湖の水をコンゴ川に流すルクガ川の河口にある。シャバ州の中心都市で,鉱業地帯から運ばれてくる銅の一部はここで湖上輸送に積みかえられ,さらに鉄道でインド洋岸に輸出される。インド洋岸からの物資輸入の門戸でもあり,商工業が発達している。1892年にこの港町を建設したベルギーはアルベールビルと呼んだ。【西野 照太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カレミエの関連キーワードシャバ[州]

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android