カレリア語(読み)カレリアご(英語表記)Karelian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレリア語
カレリアご
Karelian language

ロシア,カレリア共和国で話されている言語。本来のカレリア方言,オロネツ方言,(およびリュード方言) の2 (3) 方言がある。いずれも文字言語をもっていない。ウラル語族フィンウゴル語派バルト=フィン諸語の一つ。話し手は約9万人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カレリアご【カレリア語 Karelian】

ロシア連邦のカレリア共和国内とボルガ川上流のトベーリ(旧カリーニン)市付近に住むカレリア族の言語。系統的にはウラル語族フィン語派に属するバルト・フィン諸語のひとつである。言語人口は14万6000あまり。このうち8万9000人がカレリア共和国内に住む。方言はラドガとオネガ両湖以北の北部方言とラドガ湖北東のアウヌス(あるいはオロネツ)方言およびトベーリ市付近の南部方言に分かれる。アウヌス方言の東ではリュード語Ludicが話されるが,これはバルト・フィン系のベプス語の影響を強く受けている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

カレリア‐ご【カレリア語】

〘名〙 ウラル語族フィン‐ウゴル語派バルト‐フィン諸語の一つ。ロシア連邦北西端のカレリアで話される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android