コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレリア語 カレリアごKarelian language

2件 の用語解説(カレリア語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カレリア語
カレリアご
Karelian language

ロシア,カレリア共和国で話されている言語。本来のカレリア方言,オロネツ方言,(およびリュード方言) の2 (3) 方言がある。いずれも文字言語をもっていない。ウラル語族フィン=ウゴル語派のバルト=フィン諸語の一つ。話し手は約9万人。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カレリアご【カレリア語 Karelian】

ロシア連邦のカレリア共和国内とボルガ川上流のトベーリ(旧カリーニン)市付近に住むカレリア族の言語。系統的にはウラル語族フィン語派に属するバルト・フィン諸語のひとつである。言語人口は14万6000あまり。このうち8万9000人がカレリア共和国内に住む。方言はラドガとオネガ両湖以北の北部方言とラドガ湖北東のアウヌス(あるいはオロネツ)方言およびトベーリ市付近の南部方言に分かれる。アウヌス方言の東ではリュード語Ludicが話されるが,これはバルト・フィン系のベプス語の影響を強く受けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone