カレル アペル(英語表記)Karel Appel

20世紀西洋人名事典「カレル アペル」の解説

カレル アペル
Karel Appel


1921.4.25 -
オランダ画家
アムステルダム生まれ。
1946年初めて個展を開く。’48年〜’51年北欧の前衛芸術家グループ「コブラ」の代表的なメンバーとして活躍。’54年ベネチア・ビエンナーレ展でユネスコ奨励賞受賞。他に、多くの国際大賞を得る。抽象表現主義の画家の一人である。主な作品に、「三つの顔」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android