コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロジェロ(英語表記)Calogero, Guido

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロジェロ
Calogero, Guido

[生]1904.12.4. ローマ
[没]1986.4.18. ローマ
イタリアの哲学者,哲学史家。ピサ大学哲学史教授。 G.ジェンティーレの系統をひきながらも,彼に残存するカント的二元論,主知論的傾向を除去しようとした。ほかにアリストテレス研究でも有名。主著『自然と精神』 Natura e spirito (1926) ,『アリストテレス論理学の基礎』I fondamenti della logica Aristotelica (27) ,および『哲学教程』 Lezioni di filosofia (3巻,46~48) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カロジェロ
かろじぇろ
Guido Calogero
(1904―1986)

イタリア現代の哲学者。ローマに生まれ、フィレンツェ、ローマその他の大学で教える。第二次世界大戦中、反ファシズム活動のため逮捕されたこともある。『対話の哲学』(1962)など多くの著作がある。ジェンティーレの活動主義から出発し、その「活動」概念を実践すなわち「自覚している意志」と解する。このような活動主義の倫理的解釈により、内在主義の帰結として指摘される独在論から脱(ぬ)け出すことができるとし、積極的な課題として、他人のための自由な実践を説く。もっとも知られた著作『民主主義の諸規則と社会主義の諸根拠』(1968)が2001年に再度刊行された。この著作では民主主義、政治、人権の関係が分析されている。[大谷啓治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例