コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワアナゴ Eleotris oxycephala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワアナゴ
Eleotris oxycephala

スズキ目カワアナゴ科の魚。食用全長 15~25cm。体形マハゼに似るが腹鰭吸盤をなさない。前鰓蓋骨に下向きのとげがある。側線はない。体は暗緑色で,眼から2条の暗色帯が出ている。河口に多いが,純淡水域へも侵入する。本州中部以南,東南アジアに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワアナゴ
かわあなご / 川穴子
spined sleeper
[学]Eleotris oxycephala

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する淡水魚。ハゼ類であるが、左右の腹びれは離れている。全長25センチメートルを超える。利根(とね)川および福岡県以南の鹿児島県まで日本各地に分布。河川の下流から河口部にすむ。夜行性で、昼間は河底の石の下、石垣の間、水草の茂みなどに潜む。小魚、エビ、カニなどの小動物を食べる。夏季に産卵、1尾の親魚が数万から十数万の卵を水底の固形物に産み付ける。卵は魚卵のなかでは最小形で、直径0.4ミリメートル。全長1ミリメートル足らずの大きさで孵化(ふか)した仔魚(しぎょ)は、浮遊生活を送って1センチメートル余りの稚魚に成長したのち、成魚と同じように底生生活へ入る。吐(とから)列島、奄美(あまみ)諸島、琉球(りゅうきゅう)諸島、台湾には、同属のオカメハゼE. melanosoma、チチブモドキE. acanthopoma、テンジクカワアナゴE. fuscaが分布するが、カワアナゴは採集されていない。夜釣りにかかり、美味とされる。[道津喜衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カワアナゴの関連キーワードドンコ(鈍甲)タナゴモドキドンコ鈍甲

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カワアナゴの関連情報