コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワゴケ Fontinalis hypnoides Hartm.

2件 の用語解説(カワゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カワゴケ【Fontinalis hypnoides Hartm.】

カワゴケ科に属する大型の水生蘚類。北半球に広く分布し,日本では北海道と本州の冷たい流水中や池の中に生育し,水底の岩上に大きな群落をつくる。植物体は大きく黒褐色,葉はややまばらに3列につき,狭卵形で中央脈を欠く。蒴(さく)は円柱状で,蒴歯は複列で内蒴歯は紅色の美しい網目をなす。本種に近縁のクロカワゴケF.antipyretica Hedw.は同様な環境に生育するが,葉が中央で折れて竜骨をなす点で異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワゴケ
かわごけ
[学]Fontinalis hypnoides Schw.

コケ植物カワゴケ科の1種。流水中や清水のある池などの岩上に生えるため、シミズゴケともいう。茎は長く、30センチメートル以上になることがある。黒緑色で、不規則に枝分れし、葉は3列につくが、ややまばら。卵状披針(ひしん)形で、中央脈はない。北半球の温帯から寒帯にかけて分布し、日本では北海道から本州にかけてみられる。カワゴケ科には2属(カワゴケ属、コシノヤバネゴケ属)があり、日本にはカワゴケのほかに4種がある。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワゴケの関連キーワード北半球南半球川苔草杉苔蘚類泡苔大杉蘚銀蘚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カワゴケの関連情報