コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワゴケ Fontinalis hypnoides Hartm.

世界大百科事典 第2版の解説

カワゴケ【Fontinalis hypnoides Hartm.】

カワゴケ科に属する大型の水生蘚類。北半球に広く分布し,日本では北海道と本州の冷たい流水中や池の中に生育し,水底の岩上に大きな群落をつくる。植物体は大きく黒褐色,葉はややまばらに3列につき,狭卵形で中央脈を欠く。蒴(さく)は円柱状で,蒴歯は複列で内蒴歯は紅色の美しい網目をなす。本種に近縁のクロカワゴケF.antipyretica Hedw.は同様な環境に生育するが,葉が中央で折れて竜骨をなす点で異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワゴケ
かわごけ
[学]Fontinalis hypnoides Schw.

コケ植物カワゴケ科の1種。流水中や清水のある池などの岩上に生えるため、シミズゴケともいう。茎は長く、30センチメートル以上になることがある。黒緑色で、不規則に枝分れし、葉は3列につくが、ややまばら。卵状披針(ひしん)形で、中央脈はない。北半球の温帯から寒帯にかけて分布し、日本では北海道から本州にかけてみられる。カワゴケ科には2属(カワゴケ属、コシノヤバネゴケ属)があり、日本にはカワゴケのほかに4種がある。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カワゴケの関連キーワードカワゴケソウ(川苔草)カワゴロモ(川衣)カワゴケソウ科カワゴケソウカワゴロモミズメイガイグアス滝淡水草同化根川苔草井上気根川衣

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android