コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワード1世 カワードいっせいKavādh I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワード1世
カワードいっせい
Kavādh I

[生]449
[没]531
古代イラン,ササン朝の王 (在位 488~496,498/9~531) 。フィルーズの子。叔父のバラーシュの跡を継いで即位。やがて貴族たちの反発にあって廃位されたが,青年時代に人質として過したエフタル族のもとへ逃れ,その援助のもとに復位。 502年にはビザンチン領に侵入,527年にはビザンチン帝国の将軍ベリサリウスを破った。その治世に流行したマズダク教を支持したが,晩年皇太子ホスロー (→ホスロー1世 ) の説得によって同教徒の弾圧を許した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カワード1世の関連キーワード減資波賀由紀フラビアヌスシンガポールの臓器移植岐阜市の出張費不正請求問題顔之推ホスロー藻岩山太陽マズダク教

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone