コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンノンチク(観音竹) カンノンチク Rhapis excelsa

2件 の用語解説(カンノンチク(観音竹)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンノンチク(観音竹)
カンノンチク
Rhapis excelsa

ヤシ科の低木で中国南部原産。これに似てやや丈の高いシュロチク R. humilisとともに古く沖縄経由で観賞用として日本に入った。高さ 1.5~4m,幹は緑色で,掌状に5~7裂した葉は幹の上部に固まってつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カンノンチク(観音竹)【カンノンチク】

中国南部原産のヤシ科の常緑低木で,江戸時代以来観葉植物として,鉢植にして栽培されてきた。雌雄異株。茎は高さ2mほどになり,分枝せず,黒褐色の古い葉鞘の繊維で包まれ,束生する。
→関連項目ヤシ(椰子)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カンノンチク(観音竹)の関連キーワードヨウサイシェフレラ観音竹指甲花大茴香茶蘭緋桐亜低木唐棕櫚キバナアマ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone