コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンノンチク(観音竹) カンノンチクRhapis excelsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンノンチク(観音竹)
カンノンチク
Rhapis excelsa

ヤシ科の低木で中国南部原産。これに似てやや丈の高いシュロチク R. humilisとともに古く沖縄経由で観賞用として日本に入った。高さ 1.5~4m,は緑色で,掌状に5~7裂した葉は幹の上部に固まってつく。細長い葉柄があり,各小葉は長さ 5cm,幅 2cmほどで,暗緑色つやがあり,縦に皺がある。鉢植として観賞するが低温に弱く,関東以北では越冬がむずかしい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カンノンチク(観音竹)【カンノンチク】

中国南部原産のヤシ科の常緑低木で,江戸時代以来観葉植物として,鉢植にして栽培されてきた。雌雄異株。茎は高さ2mほどになり,分枝せず,黒褐色の古い葉鞘の繊維で包まれ,束生する。
→関連項目ヤシ(椰子)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

カンノンチク(観音竹)の関連キーワードカンノンジュロ椰子

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android