コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピロバクター腸炎

栄養・生化学辞典の解説

カンピロバクター腸炎

 カンピロバクターの菌の増殖によって起こる腸の炎症.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンピロバクター腸炎
かんぴろばくたーちょうえん

近年、新しいヒトの腸炎として世界各地で注目されている疾患。細菌性下痢症の原因菌としては、赤痢菌、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、コレラ菌、サルモネラ菌などが代表的なものであるが、このカンピロバクター・ジェジュニイCampylobacter jejuniは微好気性のグラム陰性、彎曲(わんきょく)した桿菌(かんきん)で、元来、ウシの流産の原因菌として獣医学領域で重要視されていたものの同類である。
 空腸と回腸に病変があって水様性の下痢が1日に数回から十数回に及び、腹痛、発熱、嘔吐(おうと)を伴うことがあり、しばしば粘血便もみられる。下痢は長くて10日間ぐらい持続するので、水分の補給が必要である。エリスロマイシンなどマクロライド系の抗生物質が著効を示すが、セファロスポリン系薬剤などには耐性を示すので、投薬を誤ると症状の消失が長引く。なお、集団発生する場合が多く、行政上、食中毒として扱われる。[柳下徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カンピロバクター腸炎の関連キーワードキャンピロバクター腸炎マクロライド系抗生物質セファロスポリン感染性腸炎大腸炎感染症食中毒

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android