カーアーニー(英語表記)Qā'ānī, Ḥabībullāh Fārsī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーアーニー
Qā'ānī, Ḥabībullāh Fārsī

[生]1808.10. シーラーズ
[没]1854. テヘラン
ペルシアの宮廷詩人。カージャール朝に仕え,19世紀最大の頌詩詩人と評される。古典スタイルで作詩したが,のちにカーアーニー・スタイルとして知られる優雅でリズミカルな独自のスタイルを生み出した。頌詩にはきわめてすぐれていたが,抒情詩はあまり高く評価されていない。 1836年の散文作品『乱れの書』 Kitāb-e parīshānはサーディーの『薔薇園』にならって執筆したもので,詩と散文から成り,多くの逸話が収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーアーニー
かーあーにー
abbullh Frs Q'n
(1808―1854)

ペルシアの詩人。詩人グルシャンの子としてシーラーズに生まれる。父を早く失うが、才能を認められ郷里やイスファハーンで学を修めた。カージャール朝の王子の知遇を受け、イラン各地を回り、1834年以降、同朝宮廷詩人となり、「桂冠(けいかん)詩人」の称号を受け、19世紀最大のペルシア詩人と目された。約2万3000句からなる『カーアーニー詩集』は頌詩(しょうし)と叙情詩に優れ、伝統的ペルシア詩の手法を最高度に駆使している。カーアーニー・スタイルとよぶ詩型を創案したことでも知られる。散文作品には世相を鋭くうがった逸話集『乱れの書』がある。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

カーアーニー

生年月日:1808年10月20日
ペルシアの頌詩,抒情詩人
1854年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android