コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーティヤーヤナ Kātyāyana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーティヤーヤナ
Kātyāyana

[生]前250頃
[没]前200頃
古代インドの文法学者。パーニニが詳細に定めたサンスクリット文法に検討の手を加え,『バールティカ』 Vārttikaを著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーティヤーヤナ【Kātyāyana】

古代インドの文法学者。前250年ころの人。サンスクリット文法学の最初の成果であるパーニニの《アシュターディヤーイー》に対する注解《バールティカ》を著した。しかしそれは単なる祖述にとどまらず,言語的慣用の変化に即し,選択的に(パーニニの1/3だけあつかう),批判的に師主の規則を吟味,解明し,補足的に規則を改善し,まれにはこれの誤りを指摘している。この態度はパタンジャリにひきつがれ,彼により古典サンスクリット文法は完成されることとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカーティヤーヤナの言及

【文法学派】より

… パーニニを契機として文法学はベーダの補助学の域を脱し,独立の学問分野として発展した。《パーニニ・スートラ》は,前250年ころのカーティヤーヤナの《評釈書(バールティカ)》ならびに前2世紀ころのパタンジャリの《大注解書(マハーバーシャ)》によって補修,発展させられた。パタンジャリは,語の意味するところを句義(パダールタ)として実体,性質,運動に分類した。…

※「カーティヤーヤナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーティヤーヤナの関連キーワードアーサー・アンソニー マクドーネルサンスクリット語マクドーネルパーニニ文法不可触民文法学派迦旃延

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android