コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーペンタリア湾 カーペンタリアわんGulf of Carpentaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーペンタリア湾
カーペンタリアわん
Gulf of Carpentaria

オーストラリア北岸にある湾。東はクイーンズランドの北端ヨーク岬,西はノーザンテリトリーの北岸ウェッセル岬にはさまれる。東はトレス海峡を通じてサンゴ海に続く。湾内にはグルートアイランド,サーエドワードペリュー,ウェルズリーなどの島が浮ぶ。湾内へはミッチェルフリンダーズ,ライクハートなどの河川が流入。エビ漁が行われる。湾奥にノーマントンバークタウンの町がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーペンタリアわん【カーペンタリア湾 Gulf of Carpentaria】

オーストラリア大陸北岸,ヨーク岬半島とアーネム・ランドとの間にある浅い大きな湾。東西約500km,南北約650km,面積約31万km2,最大水深79m。南東岸のカルンバ(人口418。1976)を中心に1960年代からエビ漁が進展。古くからインドネシア人がナマコ漁に来航しており,1606年オランダ人W.ヤンス,23年オランダ人J.カルステンスが来航。湾名はオランダ東インド会社総督名に由来する。【谷内 達】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーペンタリア湾
かーぺんたりあわん
Gulf of Carpentaria

オーストラリア大陸北岸の大きな浅い湾。東西約500キロメートル、南北約650キロメートル、面積約31万平方キロメートル、最大水深79メートル。1960年代からエビ漁が進められている。古くからインドネシア人がナマコ漁に来航した。湾名はオランダ東インド会社総督カルペンティールP. de Carpentierに由来する。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カーペンタリア湾の関連キーワードミッチェル(Sir Thomas Livingstone Mitchell)バーク(Robert O'Hara Burke)グレートディバイディング山脈グルート・アイランド[島]グルートアイランド島オーストラリア大陸ガルフカントリーアーネムランドフリンダーズ川バークリー台地ライクハート川ギルバート川ミッチェル川ゴーブ半島ウェイパアーネム

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android