コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーペンタリア湾 カーペンタリアわん Gulf of Carpentaria

4件 の用語解説(カーペンタリア湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーペンタリア湾
カーペンタリアわん
Gulf of Carpentaria

オーストラリア北岸にある湾。東はクイーンズランドの北端ヨーク岬,西はノーザンテリトリーの北岸ウェッセル岬にはさまれる。東はトレス海峡を通じてサンゴ海に続く。湾内にはグルートアイランド,サーエドワードペリュー,ウェルズリーなどの島が浮ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カーペンタリア湾【カーペンタリアわん】

オーストラリア北部,ヨーク岬半島アーネム・ランドに囲まれた浅い入海。北はアラフラ海に続く。西部にグルート・アイランド島,南部にウェルズリー諸島などがあり,東西672km,南北768km。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カーペンタリアわん【カーペンタリア湾 Gulf of Carpentaria】

オーストラリア大陸北岸,ヨーク岬半島とアーネム・ランドとの間にある浅い大きな湾。東西約500km,南北約650km,面積約31万km2最大水深79m。南東岸のカルンバ(人口418。1976)を中心に1960年代からエビ漁が進展。古くからインドネシア人ナマコ漁に来航しており,1606年オランダ人W.ヤンス,23年オランダ人J.カルステンスが来航。湾名はオランダ東インド会社総督名に由来する。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーペンタリア湾
かーぺんたりあわん
Gulf of Carpentaria

オーストラリア大陸北岸の大きな浅い湾。東西約500キロメートル、南北約650キロメートル、面積約31万平方キロメートル、最大水深79メートル。1960年代からエビ漁が進められている。古くからインドネシア人がナマコ漁に来航した。湾名はオランダ東インド会社総督カルペンティールP. de Carpentierに由来する。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーペンタリア湾の関連キーワードウェイパオーストラリアオーストラリア区オーストラロイドトレス海峡ホークヨーク岬半島オーストラリア亜区南オーストラリアオーストラリア大陸横断鉄道

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーペンタリア湾の関連情報