カール ラーナー(英語表記)Karl Rahner

20世紀西洋人名事典の解説


1904.3.5 - 1984.3.31
ドイツの神学者,イエズス会士
元・ミュンスター大学教授。
フライブルク生まれ。
1922年イエズス会に入会し、’32年司祭に叙階。’34〜36年にフライブルク大学でM.ハイデッガーに哲学を師事する。戦後の’49年インスブルック大学教授となり、神学顧問として参加した第2バチカン公会議まで教鞭を執る。会議後の’64年グアルディニの後任としてミュンヘン大学に招かれ、’67年にはミュンスター大学教授。カトリックにおける教会一致運動の推進者で、司教教育の改革を主張したほか、精力的に執筆活動に従事主著は「神学著作集」(’54〜78年)、「知られざるキリスト者」(’63年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1904年3月5日
西ドイツのカトリック神学者
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android