カール・フリードリヒ アウヴェルス(英語表記)Karl Friedrich Auwers

20世紀西洋人名事典の解説

カール・フリードリヒ アウヴェルス
Karl Friedrich Auwers


1863.9.16 - 1939.5.3
ドイツの化学者。
マールブルク大学教授。
ゴータ生まれ。
ベルリン大学ホフマンに師事し、ヴィクター・マイヤーの助手となる。終生立体化学の研究はマイヤーの影響を強く受ける。1913〜29年マールブルク大学の教授となる。また、分光化学やケト・エノールの割合を決める研究にも従事

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android